森ノ宮医療学園コンディショニング@小野マラソン

◆ ブログ

平成29年12月11日

森ノ宮医療学園コンディショニング@小野マラソン

みなさん、こんにちは校友室の北村です。早いもので今年も最後の月となりました。お変わりなくお過ごしでしょうか。

12月3日(日)、森ノ宮医療学園校友会も協賛させていただいている「2017小野ハーフマラソン」が兵庫県小野市で開催されました。

大会のコンセプト。『RUN FOR SMILE きっと誰もが笑顔になる!』

走る人・支える人・応援する人の笑顔が子供たちの未来へ届けるチャリティーマラソンです♪

【小野マラソン公式ページ】

http://www.onomarathon.com

『森ノ宮医療学園コンディショニング』テントでは、専門学校『AJP臨床技術研究部』の学生・ボランティアの学生・卒業生・向井陽子先生が、ランナーの皆様のアフターケアーをさせていただきました。

そして、なんと・・・専門学校職員の初瀬川さんがランナーとして参加されました。お二人の活動報告とコメントをご紹介いたします。

【法人本部校友室 北村 知子】

 ランナー 初瀬川さん(専門学校職員)のコメント

アップダウンが激しいコースのため、脚に違和感を覚えるランナーも多かったと思います。卒業生と在校生の心のこもったコンディショニングを受けたランナーの皆さんはとても喜んでおられ、中には学校のことをたずねる方もいらっしゃいました。来年もぜひ小野市民ボランティアの皆さんとともにランナーを支援してていただきたいと思います。

 

こんにちは。向井陽子です。

12月4日に行われました『第4回 小野ハーフマラソン』に、AJP臨床技術研究部の部員をはじめ在校生・卒業生と一緒に、ボランティアでコンディショニングブースをさせて頂きました。

第1回から参加させて頂いているので、知名度も上がってきていた為、11時から15時の受付終了まで、全く途切れることなく大盛況で終えることが出来ました。

間にお茶を飲むこともできない程の忙しさでしたが、終わった後の充実感と達成感、そして何よりも「忙しかったけど楽しかった」と全員が笑顔で話してくれていました。

更に今年は、専門学校の職員である初瀬川さんが、走られた後にブースに来てくださり、メンバー全員が喜んでいました。

普段はなかなか会うことが出来ない卒業生と在校生の間では、新しい繋がりもでき、経験だけでなく知識と技術もお互いに増えた1日だったと思います。

また来年も参加させて頂く事が決まりましたので、頑張ります!

【専/鍼灸学科29期 向井陽子】