2019年 新年のご挨拶 – 校友会 会長 浜田暁 –

♦ ブログ

平成30年1月1日

新年あけましておめでとうございます。

会員の皆さんには健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年は、全国的に自然災害の脅威に翻弄された1年でした。被災されました会員諸兄姉に対しまして心よりお見舞い申し上げます。

我が母校の森ノ宮医療学園においても、大学が台風21号により少なからずの建物被害を受けましたが、 幸い、授業には支障なく、学生生活が普段通り継続されていることに安堵しております。

校友会活動につきましては、学園と連携しながら卒後支援、学生支援、親睦と交流などの事業が順調に進行していることをご報告させていただきます。

少子化が進み18歳人口が減少し、各校とも定員割れが進む中にあって、大学は順調に発展を遂げ、専門学校も日本一を目指し奮闘中です。校友会に取りましてもその役割はますます増大してきております。

これまでの事業を精査し、新しい時代に相応しい活動を模索中です。今年も変わらぬご支援、ご協力をお願いし、新年のご挨拶とさせていただきます。

【森ノ宮医療学園校友会 会長 浜田 暁(専/鍼灸学科1期)】