大学学術大会と校友会大学部会交流会開催の報告

◆ ブログ

2019年11月1日

森ノ宮医療大学学術大会と校友会大学部会交流会開催の報告

2019年10月27日(日)、森ノ宮医療大学学園祭「森ノ港祭」が行われている中、第4回森ノ宮医療大学学術大会が森ノ宮医療大学内にて行われました。

午前中よりポスター演題34題と口演4題の研究発表が行われ、多くの参加者が研究報告を聞き入っておりました。午後からは、校友会共催としまして6学科のセミナーを同時開催し、全280名の卒業生や在学生がこのセミナーに参加し、見聞を広げました。セミナー後の特別講演では星が丘総合医療センター院長の増山 理先生に多職種で診る心不全についてご講演頂き、300名を超える人数が参加しました。

同日夜には毎年恒例のOBOG交流会を本町「エル・シエロ」にて開催。約70名の卒業生と教員が久しぶりの再会を楽しみました。この交流会で恒例イベントとなった超豪華ビンゴ大会も健在。今年は過去最高の景品と演出に、参加者一同大変盛り上がりました。

校友会では、卒業生の学術的向上と卒業生―教職員間のつながりを最も大事であると考えております。来年度も同時期に開催予定でございますので、皆様奮ってのご参加を頂きます様お願い申し上げます。

【森ノ宮医療学園校友会 幹事 辻 涼太(専門鍼灸・夜34期 森ノ宮医療大学教員)】